矯正装置の種類|永久歯列完成前から完成後まで合わせて矯正装置の種類をご紹介

矯正装置の種類

矯正装置の種類

- 成長中のお子様の場合 -

成長中のお子様の場合、正常な顎の発育を阻害する機能的障害の除去、永久歯列のスペース確保および成長のコントロールのために、以下の装置を選択して使用します。

拡大床
拡大床

拡大床は、顎が小さく歯が生えるスペースがない時に使用します。
顎の成長が著しい小学生低学年のころに使えば効果が期待できます。
自分で取り外すことができるので小さな子どもでも受け入れやすい装置といえます。

リンガルアーチ
リンガルアーチ

リンガルアーチ(左写真)は、歯の裏側からワイヤーで少数の歯を動かします。

拡大装置
拡大装置

前歯にガタガタがある場合,顎の幅が狭い場合に用います。4つの輪の弾力で奥歯の「傾き」や「ねじれ」を修正したり、顎の幅を拡げたりする装置です。

急速拡大装置

急速拡大装置は、上顎の幅がせまい場合に、ネジの力を利用した装置を歯の裏側に装着して歯列の幅を広げる為に装着する装置です。

機能的矯正装置

口腔周囲筋や舌の機能力を利用することで、顎の位置を変え、成長を誘導する装置です。患者様一人一人に合わせて作製される為、様々な形態があります。イラストの装置は下顎の前方成長促進の目的に使用するバイオネータと呼ばれる種類です。

チンキャップ
チンキャップ

主に前後逆に咬んでる状態の「反対咬合」の際に、下顎の位置コントロールや成長抑制の為に使用される「かぶる」装置です。
1日12時間程度を目安に装着して頂きます。

ヘッドギア&パラタルバー
ヘッドギア&パラタルバー

ヘッドギア(左図)は、主に上顎の位置コントロールや、奥歯の固定の為に使用される「かぶる」装置です。1日12時間程度を目安に、装着して頂きます。
パラタルバーは、上顎の裏側に装着し、奥歯の捻れや幅のコントロールすることなど、色々な場合に使用します。他の装置と組み合わせで使用したりします。

- 永久歯列完成後の思春期以降の場合 -

永久歯列完成後の思春期以降の場合、1本1本の歯を綺麗に並べしっかりした咬み合わせを作るため以下の装置を選択して使用します。

マルチブラケット装置&アーチワイヤー
マルチブラケット装置&アーチワイヤー

すべての永久歯を対象として、それぞれの歯にブラケットを固定し、アーチワイヤー(ブラケットに通して、歯を動かす細い針金)で連結する事により、3次元的に歯の移動を行います。

パラタルバー
パラタルバー

上顎の裏側に装着し、奥歯の捻れや幅のコントロールすることなど、色々な場合に使用します。他の装置と組み合わせで使用したりします。

ホールディングアーチ

上顎の裏側に装着し、奥歯を固定して、前に来ないように押さえておく目的で使用します。患者様に合わせて作製されるので形は様々です。

インビザライン
インビザライン

上顎の裏側に装着し、奥歯の捻れや幅のコントロールすることなど、色々な場合に使用します。他の装置と組み合わせで使用したりします。

インプラントアンカー(簡単な外科手術により埋入)
インプラントアンカー(簡単な外科手術により埋入)

矯正用に作られたインプラントを顎骨に植立して、歯を移動させる為の固定源にする事で、通常の矯正治療では難しかった様々な歯の動きを可能にします。

ヘッドギア

主に上顎の位置コントロールや、奥歯の固定の為に使用される「かぶる」装置です。
1日12時間程度を目安に、装着して頂きます。