無歯顎の方へ All-on-4(オールオンフォー)|全ての歯を失った方対象の最新のインプラント治療

無歯顎の方へ All-on-4(オールオンフォー)

All-on-4(オールオンフォー)

All-on-4(オールオンフォー)とは、上下の全ての歯を失った方(無歯顎)を対象とした、最新のインプラント治療法です。この治療法の特徴は、インプラントを埋め込む手術をした後、わずか数時間程で仮歯が入るため、すぐに物が食べることができるようになる点です。また、埋め込むインプラント体は4本(もしくは6本)だけなので、手術時間は短くて済み、患者さんの身体的負担が大きくないこともポイントです。

現在、All-on-4の症例実績では、インプラント埋入成功率98%、最終補綴物装着率100%との結果が出ています。治療の範囲が広範囲に渡る患者さんにとっては、手術の費用が押さえられるため、最終的に高いコストパフォーマンスを実現できることがあります。

All-on-4 ・ 治療説明

顎の中央に2mmのツイストドリルを使用し、深さ10mmまで形成する。中央の穴に、All-on-4ガイドを装着する。このガイドにより、インプラント埋入位置や形成の角度が判りやすくなり、同時に舌を守る役目をする。

顎の中央に2mmのツイストドリルを使用し、深さ10mmまで形成する。中央の穴に、All-on-4ガイドを装着する。このガイドにより、インプラント埋入位置や形成の角度が判りやすくなり、同時に舌を守る役目をする。

2mmのツイストドリルを使用し、適切な深さを形成していく。傾斜角度は最大45度。方向指示棒で、正しい角度であるか確認する。

2mmのツイストドリルを使用し、適切な深さを形成していく。傾斜角度は最大45度。方向指示棒で、正しい角度であるか確認する。

骨の密度に応じて部位を拡大し、インプラントを埋入する。角度付アバットメントを装着する。反対側の臼歯部も、同様に施術する。

骨の密度に応じて部位を拡大し、インプラントを埋入する。
角度付アバットメントを装着する。反対側の臼歯部も、同様に施術する。

前歯部2箇所を形成し、インプラントを埋入する。アバットメントを装着する。

前歯部2箇所を形成し、インプラントを埋入する。
アバットメントを装着する。

縫合後、歯の型取りをする。

縫合後、歯の型取りをする。

出来上がった補綴物を、スクリューで固定する。その後、すぐに物を食べることができる。

出来上がった補綴物を、スクリューで固定する。
その後、すぐに物を食べることができる。

All-on-4は、上顎でも下顎でも適応できます。All-on-4の手術された方の体験談なども併せてご覧ください。

All-on-4は、上顎でも下顎でも適応できます。
All-on-4の手術された方の体験談なども併せてご覧ください。