従来の治療法(ブリッジや差し歯)|従来からあるブリッジや差し歯とインプラント治療との違い

従来の治療法(ブリッジや差し歯)

従来の治療法

従来の治療法とは、失った歯の『隣の歯』を土台として使い、人工歯(ブリッジ・差し歯)を被せる治療方法を指します。
まず土台となる歯を削ってブリッジを被せる必要があるため、周囲の健康な歯に若干の負担がかかりますが、1~3ヶ月の治療期間で固定式の歯を入れることができます。また、お口の状態によっては、健康保険で治療(保険診療)ができるため、費用を抑えることができます。これがブリッジの一番大きなメリットとよく言われます。

ただし、『噛む』という行為は、皆さんの想像以上に強い力を、歯とあごにかけています(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われます)。隣の歯も同時に支えるブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約1.5倍になります。さらに削られた歯は傷みやすいので、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。

そのうえ歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。また、残ってる歯根が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯は次第に合わなくなり、何度も作り直す必要が出てきます。これがブリッジ治療のデメリットです。

この形のブリッジを使うためには、周りの歯を大きく削らなければなりません。つまり、なくなった歯を補うために周囲の歯が犠牲にならなくてはいけないのです。

この形のブリッジを使うためには、周りの歯を大きく削らなければなりません。
つまり、なくなった歯を補うために周囲の歯が犠牲にならなくてはいけないのです。

奥歯を固定するために、金属の支えを使用するケースです。多くの場合、装着時に違和感があり、見栄えも良くありません。さらに装置と歯に隙間があるので清潔に保つのは難しいです。

奥歯を固定するために、金属の支えを使用するケースです。多くの場合、装着時に違和感があり、見栄えも良くありません。さらに装置と歯に隙間があるので清潔に保つのは難しいです。

総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱いために、簡単にぐらついたり、ずれたりします。そのため食べ物を噛むために充分な力をかけることができません。さらに話していても、常に歯が取れそうな不安感を訴える人もいます。心理的なものの場合も多いですが、御本人にとっては大変なストレスかと思います。

総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱いために、簡単にぐらついたり、ずれたりします。
そのため食べ物を噛むために充分な力をかけることができません。
さらに話していても、常に歯が取れそうな不安感を訴える人もいます。
心理的なものの場合も多いですが、御本人にとっては大変なストレスかと思います。

ブリッジや差し歯の場合のよく耳にするトラブル
  • まわりの歯と義歯の違いが目立ち、人前で口を開くことができない
  • 金属製のブリッジや支えのバネに食べ物が挟まるため、好きな物をたべることができない
  • 義歯が合わなくなり、何度も作り直している
  • 食事中や話してる最中、またスポーツなどで体を動かしている時に、義歯が動いたり外れそうになったりして気になる
  • ことばをうまく発音できず、人前に出たり、話をすることが億劫になる
  • 食事の時に入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が入り込む
  • 噛む力を充分かけることができず、固い物が食べられない
  • 食事の後、入れ歯を外して洗ったりするために、外出や旅行が気軽にできない
  • 口臭がひどいのではないかと不安で、人に会うことができない....など