インプラント専門衛生士|インプラントを専門に扱う歯科衛生士のスペシャリスト

インプラント専門衛生士

インプラント専門衛生士

インプラント専門歯科衛生士とは?

インプラント専門歯科衛生士とは?

「インプラント専門歯科衛生士」とは、様々な条件をクリアした歯科衛生士を対象に、日本口腔インプラント学会によって認定される資格のことです。
インプラント治療に関する専門知識はもちろんのこと、3年以上のインプラント治療に関わってきた経験や、インプラント治療介助、メンテナンス経験実績など、あらゆる条件を満たした歯科衛生士だけが取得できるものです。いわば、インプラントを専門に扱う歯科衛生士のスペシャリストといえます。

当センターのインプラント専門歯科衛生士たちは、インプラント治療の経験を熱心に積み、強い責任を持ったスタッフであると自負しております。
参考までに、以下にインプラント専門治療衛生士になるための必須条件をご紹介します。
これらの条件を満たさなくては「インプラント専門治療衛生士」の資格を得ることはできないのです。

-インプラント専門歯科衛生士に必要な条件-
  • 日本国歯科衛生士の免許証を有すること。
  • 社団法人日本口腔インプラント学会の正会員であること。
  • 3年以上インプラント治療に携わっていること。
  • 本会学術大会及び支部学術大会に各1回以上参加していること。
  • インプラント専門歯科衛生士教育講座を1回以上受講していること。
  • 上部構造装着後2年以上経過した症例のインプラント治療介助、またはメンテナンスを行った経験が3例以上あること。
  • インプラント専門歯科衛生士試験に合格していること。
  • 口腔インプラント専門医1名の推薦があること。

インプラント専門歯科衛生士の役割

  • 知識
  • 経験
  • 実績

インプラント埋入手術を成功に導くためには、執刀医の技術や医院の設備等も大切ですが、手術は4~6名の医師・衛生士らのチームで行いますので、専門の知識を持った歯科衛生士の役割も非常に重要です。

  • 器具の滅菌・消毒を理解し取り扱う。
  • 患者さんの口腔内をプロフェッショナルクリーニングし、口腔内の細菌レベルを低下させる。
  • 手術前後の治療上の注意を患者さんへ伝達する。
  • 手術中は術式・システムを把握し、埋入時の注意点に配慮しながらスピーディーに進行できるよう介助する。

等々、大切な役割を担っています。

当センターの歯科衛生士は、それぞれに託された役割を十分に理解したうえで、正確に担当の仕事をこなし、数多くの症例に立ち会うことで、日々治療に関する経験を積んでいます。その中でも、数々の条件を満たしたインプラントのエキスパートが、インプラント専門歯科衛生士なのです。
またインプラント専門歯科衛生士は、自らの担当を遂行するだけでなく、学識と技術の向上や、経験の浅いスタッフ指導のため、インプラント関連の学会や勉強会へ積極的に参加し、施設全体の質を高めようと常に努めております。
このように、専門知識と数々の症例経験を充分に積んだインプラント専門歯科衛生士が、『患者さんの口内の状態』や 『どんな治療を行なうのか?』、『患者さんに何が必要か?』をしっかり理解して、担当医師の介助やメンテナンスにあたります。
これは当センターの全てのスタッフにいえることですが、自分に課せられた役割を正しく理解し、患者さん一人ひとりに最良の治療をご提供できるよう、常に自分の能力を向上する努力をし続けています。
このことは、当センターが非常に難しい症例でも高い成功率を維持できる一つの理由であると、誇りに思っています。