GBR法(骨再生療法)|骨量が足りなくても、特殊な膜を用いて骨を造成

GBR法(骨再生療法)

GBR法(骨再生療法)

埋入予定箇所に患者様自身の骨、もしくは人工骨を入れた後、メンブレンという特殊な膜で覆い被せ、骨を造成させる治療法。GBRの処置と同時にインプラントを埋め入れる場合もある。メンブレンには吸収性と非吸収性のものがあるが、非吸収性ものは次の外科手術時に外してしまう。

GBR法(骨再生療法)

1.下顎臼歯部 7-4部にインプラント治療予定。
1.下顎臼歯部 7-4部にインプラント治療予定。

治療箇所を歯科用CTを用いて撮影し、骨の痩せ具合は把握できているので、手術に臨む時点でGBR法の準備は整っている。

2.歯ぐきを切開して、拡げてみると、4部の根あたりに炎症があった為、骨がなくなっている。
2.歯ぐきを切開して、拡げてみると、4部の根あたりに炎症があった為、骨がなくなっている。

治療する部分の骨が痩せている(吸収している)ため、このまま埋入を行なっても初期固定することは難しい。

3.4部の歯を抜き、インプラントを埋入するが、骨がなく、インプラントがほとんど見えている。
3.4部の歯を抜き、インプラントを埋入するが、骨がなく、インプラントがほとんど見えている。

まずはインプラントがどういった角度・深さで固定されるのが望ましいかを、実際に埋入箇所に挿して確認する。

4.骨のない所に、自家骨を移植する。(自家骨:インプラントを埋入の為にドリルで切削中に集めた骨や顎の部分から削った骨を予め集めておく。)
4.骨のない所に、自家骨を移植する。(自家骨:インプラントを埋入の為にドリルで切削中に集めた骨や顎の部分から削った骨を予め集めておく。)

埋入するインプラントの位置を決め、その隙間部分に自家骨を入れる。この段階では、まだインプラント自体は固定されていない状態。

5.骨移植後に、その部分をカバーするように特殊な膜でおおう。
5.骨移植後に、その部分をカバーするように特殊な膜でおおう。

自家骨を入れた部分は特殊な膜(メンブレン)でおおう。この処置によってメンブレンの内側で歯槽骨造成が行なわれる。

6.歯ぐきを縫い合わせる。
6.歯ぐきを縫い合わせる。

メンブレンをかけた状態のまま、歯ぐきを縫合します。この状態で半年前後の期間をおく。

7.6ヶ月後。歯ぐきを開いて、膜を取り除くと、骨がなかった所にしっかりと骨が作られ、インプラントが完全におおわれている状態が解る。
7.6ヶ月後。歯ぐきを開いて、膜を取り除くと、骨がなかった所にしっかりと骨が作られ、インプラントが完全におおわれている状態が解る。

メンブレンの内側に入れた自家骨を中心に、しっかりとした骨ができ、インプラントを支えるようになっている