大阪インプラントセンター インプラントのお問い合わせ アクセス 大阪インプラントセンター・梅田 English page 中國網頁
インプラント トップ インプラント治療コンセプト 歯科トピックス 講演会 センター紹介 所長・スタッフ紹介 インプラント 費用・料金 アクセス インプラント無料相談 メディア情報
インプラントについて
  • English page
  • 中國網頁

モンダミン開発に所長 岡田が専任アドバイザーとして携わりました

■大阪インプラントセンター
〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-100
駅前第4ビル1階

TEL.06-6344-8232

<診療時間>
【月〜土】午前10:00〜13:00 / 午後14:30〜19:30
【日・祝】休み

歯科医師募集中

インプラント無料相談

大阪インプラントセンター・マップ

当院は大阪の中心部にございますため、交通の便もよく、大阪のみならず、近隣地域からも多くの患者様におこしいてだいております。

 

ブローネマルクシステムについて

現在一般的に利用されている歯科インプラントの基礎は、スウェーデンの学者ペル・イングヴァール・ブローネマルク教授の偶然の発見から生まれました。純チタンと骨の組織がよく結合することを発見し、1965年から臨床応用が始まりました。

世界初のインプラントシステムであるからこそ、40年以上という長い臨床実績を誇り、その結果、世界でもっとも信頼性が高いインプラントシステムと評価されている訳です。

ブローネマルクシステムを使ったインプラント治療は、全世界で100万以上の人々が受けています。

ブローネマルク教授
(1929 - 2014)

歯科に限らず、骨の中に金属などを埋め込む治療を総称して「インプラント治療」と呼びます。チタンと骨の結合技術が確立する以前は、材料として金、サファイア、鉄、ステンレス、アルミニウムなど多様な素材が使われてきました。しかし、いずれも良好な結果が得られずに淘汰されていきました。

しかし、1965年にスウェーデンの学者、ブローネマルク教授が開発したチタン製のインプラントが驚くべき成果をあげました。さらに最初に治療を受けた患者さんのインプラントは亡くなられるまでの44年間、問題なく機能していました。また、10年以上に渡って機能しているインプラントは96%以上であり、症例としては98.5%にもなります。

この驚異的な数値は、チタンが骨と結合するという特質をもっていたからです。この特質がある限り、チタンがインプラントの主流であり続けることは恐らく間違いないでしょう。その代表的なものが「ブローネマルクシステム」なのです。


 大阪インプラントセンターについて

 

インプラントの無料相談・電話予約 大阪駅4分・梅田駅3分 メール無料カウンセリング|24時間受付中


大阪や関西でインプラントの治療をお考えの方は、大阪インプラントセンター(梅田・中央区・茨木)にお任せ下さい。

大阪インプラントセンター・梅田】
〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-100 駅前第4ビル1階
TEL. 06-6344-8232
WEB SITE.http://www.osaka-ic.com/
診療時間
月〜土:午前10:00〜13:00|午後14:30−19:30
日・祝 休み
     
大阪や関西のインプラント治療は、大阪インプラントセンター(梅田・中央区・茨木)にお任せ下さい。
Copyright (C) Osaka Implant Center All Rights Reserved.


大人キレイをかなえる矯正治療