オンレー・インレーグラフト|骨の量を増大させて骨が足りない方でも手術可能に

オンレー・インレーグラフト

オンレー・インレーグラフト

インプラントを入れる(埋入する)ためには、ある程度の骨の厚み幅がどうしても必要になります。ただし人によってはインプラントを支えるだけのあごの骨がない場合があります。こういったケースの際に、他の場所から骨を採取して足りない部分に固定させ、骨の量を増大させる方法をオンレー・インレーグラフトといいます。

オンレー・インレーグラフト

1. 治療前の歯肉の状態
1. 治療前の歯肉の状態

この段階ではすでに歯科用CTによる撮影は済ませており、骨の状況はほぼ把握できている。

2.上の歯ぐきを切り開き、骨を露出させた状態。 骨の高さに違いがある。
2.上の歯ぐきを切り開き、骨を露出させた状態。 骨の高さに違いがある。

インプラントを埋入させるためにドリルで形成後、適切な方向や埋入確度を棒を立てて、骨の高さの違いなどを確認している。

3.下のあごの中央部(前歯のすぐ下のあたり)の歯ぐきを切り開き、その部分の骨を専用の器具(トレフィンバー)を使い、ブロック状に骨を採取する。
3.下のあごの中央部(前歯のすぐ下のあたり)の歯ぐきを切り開き、その部分の骨を専用の器具(トレフィンバー)を使い、ブロック状に骨を採取する。
3.下のあごの中央部(前歯のすぐ下のあたり)の歯ぐきを切り開き、その部分の骨を専用の器具(トレフィンバー)を使い、ブロック状に骨を採取する。

埋入箇所の骨組織に初期固定に耐えうるだけの厚みがなく、骨移植が必要な場合にトレフィンバーという専用器具を用いて骨を採集する。

4.ブロック状に採取した骨を埋入するインプラントの先端に付ける。
4.ブロック状に採取した骨を埋入するインプラントの先端に付ける。

採集した骨だけで固定するのではなく、埋入するインプラントの先端にブロック状の歯を取りつけて、同時に固定させる。

5.その状態で、インプラントを埋入。採取した骨を一緒に固定出来た。
5.その状態で、インプラントを埋入。採取した骨を一緒に固定出来た。

この部分はインプラントを埋入するために必要な器具が、まだ接続されている状態。

6.インプラント埋入後、インプラント頭部保護の為キャップをしたのち歯肉を縫合した状態。骨の高さがそろい、インプラントの埋入位置が並んでいる状態がわかる。
6.インプラント埋入後、インプラント頭部保護の為キャップをしたのち歯肉を縫合した状態。骨の高さがそろい、インプラントの埋入位置が並んでいる状態がわかる。

もともと骨が足りていた箇所と、骨移植を行なった部分に高さのバラつきがでないよう揃える。