2次手術|歯肉を開いて、インプラントに土台を接続

2次手術

2次手術

※当センターでは通常は一回法ですが、症状によってはこの2回法を行う場合もございます。

歯肉を開いて、インプラントに土台を接続します

サージカルステントの装着

サージカルステント
まずサージカルステントという装置を使い、カバースクリューを埋入する位置を決めます。
位置が決まったら、エキスプローラーという機材を用いて、切開をおこないます。

サージカルステント(インプラントを埋入する為の目安として使用する装置)

エキスプローラー
エキスプローラー
エキスプローラー

骨の除去1

カバースクリューミル
カバースクリュー上に骨が存在する場合には、カバースクリューミルという機材を用いて、過剰形成された骨を除去します。
カバースクリューミル
カバースクリューミル

カバースクリューを取り外す

二回法手術の場合、歯肉を再度剥離し、カバースクリューを外します。
二回法手術の場合、歯肉を再度剥離し、カバースクリューを外します。

骨の除去2

骨の除去2
インプラント頚部周辺部の組織を切除するためにボーンミルという機材を用いて、
アバットメント装着に付着している骨を除去します。

ヒーリングアバットメントの連結

ヒーリングアバットメントの連結
ヒーリングアバットメントの連結
歯肉の治りを待つ期間、ヒーリングアバットメントを取りつけてることで、かぶせ物と歯肉が調和した形を形成させます。歯肉を貫くだけ長さの物を選び、治癒するまでの期間装着します。

縫合

切開した歯肉を縫合します。
切開した歯肉を縫合します。
最後に切開した部分をきれいに清掃して終わりとなります。
最後に切開した部分をきれいに清掃して終わりとなります。