体験談:会社経営(男性:59歳)|顎の骨の量を増やしてインプラントを入れ、外見上の問題がなくなり自信が持てるように

体験談:会社経営(男性:59歳)

◆59歳 会社経営 男性

59歳 会社経営 男性

上あごは全部インプラントで、下あごは自分の歯が3本、残りがインプラントです。最終的には下も全部インプラントにするつもりです。僕の場合は非常にひどい状態だったので、最初の診断で、上あご、下あごがインプラントに耐えられないと言われ、まずあごの骨を補強してから処置することになりました。
これは大掛かりになるなと思いましたが、やるなら徹底的にやった方がいいと思い、決断しました。結果には大変満足しています。なぜ、もっと早くやらなかったんだろうと思ったくらい。今まで食することができなかったものが食べられるようになり、口臭や外見上の問題もなくなりましたから、人と話をしていても自信を持って対応することができるようになりました。
そういう当たり前のことを気にせずできるようになったことが一番うれしいですね。また、よく噛めるようになったので太りました。この年になるとあまり変な肉はついてもらいたくないんですけれどね(笑)。まあ、それだけしっかり物が食べられているという証拠ですよね。
この治療法について、否定的な見方をする歯科医がまだまだ多いのは残念です。歯科医をやっている同級生に相談した時も、「無理だよ」と否定的な意見が返ってきました。
ところがその娘さんが歯科医になって北欧に行き、向こうではインプラント治療が当たり前のように行われていることを聞かされて、考えが変わったようです。「前は反対したけど、私が間違っていたようだ」と言ってきました。
これからは、インプラントについて肯定的な歯科医が増えてくると思います。